忍者ブログ
メインはサイトのレス用です。たまに他愛無ない日常の事も。
[1]  [2]  [3
日々暑いですね…_(:3 」∠)_

エアコンのない部屋の室温がここのところ連続で37度台を記録してて、体温かよ! って感じです。
こまめに水分と塩分を補給して、コマンド「いのちだいじに」で過ごしております。

はばたき市も暑いのかな、暑いんでしょうね、きっと…。

全然関係ないんですが、生活も落ち着いたので、近々自家通販を再開しようかな、と思っています。
需要の有無は別として、在庫があるので開店休業でも開けとくか、位の姿勢ですが。

サイトから拍手ありがとうございました~。

続きは、タイトル通りオチのない小話です。
嵐さんとカレンさんの会話が並んでるだけで、小話とも言えないかな…。
ツイッターの140字SSと同様、ページ作ってサイトにのっけるほどじゃないので、こちらに。




PR
今日は七夕ですね!

管理人が住んでいる地域は、残念ながら一日天気が悪いままでした。
ふと嵐さんとバンビはどうしてたかな、と妄想したので、続きに畳みます。



突発的に、先日の記事に置いた「その瞳、唇よりも」の続きを書いてしまいました。
それと言うのも、このSSに某M様から感想をいただいたのですが、そこに書かれていた嵐さんの作中の心情と言うか台詞に萌え滾ってしまったからです。

…ホントはコメントのお返事での4、5行の妄想文になるはずが、うっかり「その瞳~」と同様2000文字を越えてしまうとは…。
作品としては一応あれで完結しているので、完全におまけです。こちらはサイトに移す予定は今のところありません。はっきり言って書き殴りクオリティです。まあ、ここを覗いて下さった方で、気の向いた方に見ていただけたらな~と思います。

M様、お返事をする前に勝手をしてしまってすみません<(_ _)>

タイトル(?)は、諺、「武士は喰わねど高楊枝」からきてます。私が書く嵐さん話のタイトルって、嵐さんの名前が入ったものが多いな…タイトルセンスなくてすみませんです。

嵐さんとバンビが臨海公園地区のショッピングモールにあるフードコートで食事を終えて建物から出たところから話が始まります。続きものなので、「その瞳~」を読んでないと意味不明です。
珍しく日に二度目の記事です。
先日、ツイッターのお題診断というものをやりまして(名前の入力欄にキャラ名やらカップリング名やら入れると自動的にシチュが出てくる)、その内容が、

「あなたは50分以内に1RTされたら、大学生で一緒に暮らしてる設定で付き合ってる二人を第三者視点から見た不二山嵐の、漫画または小説を書きます」

と言うものでした。
RTと言うのはリツイートの略で、これをすると自分をフォローしてくれている人たちに同内容のものを通知することができるのです。多分。(←あんまり使いこなせてないから説明にも自信無い)そのリツイートが規定時間内に規定数(この場合は一回)に達したら、この内容で作品を書くという、まあ、ちょっとした遊びみたいなものでしょうか。

で、私はこれに、「嵐さんは大学生の間に同棲などしないでFA」と付け加えて、ツイートしたんですが、これをリツイートしてくれた方が一人いらっしゃったのです。なので、即興で書いて、ピクシブにアップしました。普段はサイトがメインでピクシブはサイトに来て下さる方以外にもちょっとでも読んで頂けたら嬉しい、というスタンスでやっているので、ピクシブの方に新しい話をアップすることは殆どないのですが、今回は書くきっかけがツイッターのお題で、ピクシブはツイッターと連動しており、ピクシブ内でアップした作品についての通知をすることができるので、珍しくあちらに先に書いたお話を乗っけました。
ちょっと迷ったのですが、しばらくサイトに作品上げられるめどが立っていないので、ここに置いておきます。後でページ作ったらサイトに掲載する予定でおります。

ピクシブはチキンの私には正直評価機能が怖いんですが、htmlでページ作らなくていいのが楽です。後はR付きのお話を載せるのにタグをつけるだけでいいのも簡単ですね。まあR付きの話なんてそうそう書いたりしませんが…。

タイトルはぶっちゃけ、「目は口ほどに(物を言う)」を瞳と唇に置き換えてちょっとだけニュアンスを変えただけです。2000文字くらいの短いお話です。
※11月6日追記:こちらの作品に加筆修正したものをサイトに上げ直しました。


えー、久々にカレン編以外でこちらでSSアップしてみました。
それと言うのも。

密林でぽちっと買ってしまったからです。「FUJIYAMA GREEN」!

それがこれ
↓↓↓



以前通りすがりのお客様から「こういうフレグランスがあるんですよ~」と教えていただいて気になっていたのですが、最近また相互して下さってるT様との間で話題になって調べたら、お安くなっていたので「え? これ買ってみちゃう?」とばかりに注文してみました!

このグリーンの他に、普通のフジヤマ(女性用)とかフジヤマ・オムって言う男性用とか、フジヤマ・ディープパープルって言う女性用とかあるみたいですが、アマゾンの商品説明に(以下引用)

『富士山をイメージしたフジヤマ・シリーズの第三作目です。和のテイストという意味では三作の中でもっとも際立った、グリーン・ティー香をベースにしたシトラス・グリーン・ノートで、富士の持つ雄大な緑を感じさせるアロマティカルな一品です。2001年発売。トップはグリーンティ、ベルガモット、レモン、マンダリンなど。ミドルはスズラン、シクラメン、タイム、ミントなど。ラストはベイ(月桂樹)、シダー、ホワイトムスクなど。品のあるグリーン香は男性にも女性にもオススメ。オールシーズンを通して気軽に使える勝手の良さも魅力ですね』

って書かれたんですよ。グリーンティー…緑茶…嵐さん? みたいなノリで買ってしまったことよ。

実は管理人、普段は香水の類は一切つけない(どっちかって言うと苦手。デパートの化粧品売り場に行くと鼻がまがりそうになる)のですが、嵐さんの名を冠したものとなれば話は別です! 

わーイイ香り! 爽やか~!! 
こ、これが、これが嵐さんの香りなのね…!(病気)
l様(通りすがりっておっしゃってたからもういらっしゃってないかもだけど)、改めまして、教えて下さってありがとうございました!

おまけにこれにまつわるSSを思いついてしまいました。というわけでカッとなって書いた。

よかったら続きを読んでやって下さい…。

拍手&簡単メッセージクリックありがとうございます!
メッセージ下さったお客様、お返事もう少々お待ち下さい!
※追記:9月15日 サイトに同じ作品をアップし直しました。



リアルがバタバタしてます、アサマです、こんにちは。

ゲームできねぇぇぇ! 落ち着いてSS書けねぇぇぇ!

以前もちらっと書いたのですが、上の子が通う幼稚園のホームページの制作のお手伝いをしておりまして…手伝いって言うかメインスタッフ? みたいな扱いでして…。もう一人担当してくれているママの方が昔システム系のお仕事をされていたとかで、より多く負担をしてくれてはいるのですが…正直赤ん坊かかえて参加とか早まったかな、と思ったり思わなかったり。まがりなりにも法人のホームページなので、個人がやってるテキスト中心サイトなんかとはやっぱ全然勝手が違いました。ちょっとだけでも携われればいい思い出に…なんて思っていたんですがね。大分携わったからすんげーいい思い出になるに違いないぜ!

それがもうすぐ公開というとこまでこぎつけまして、追い込みの最中であります。

でもそんな時にこそ萌えはいきなりやってきたりもするのです。
全然書く予定のなかった設楽編書いたった!
あれー、おかしいナ。このままじゃ「アサマの嫁は設楽先輩」ってまたあらぬ疑いをかけられてしまうぞ。
もちろん予告してた別の設楽編もコウ続編も不二山嵐祭のための嵐編もちょっとずつちょっとずつケータイで打っています。この浮気ものめ!
リクエスト話ももやんもやんとしたものが色々浮かんできて、メモりはじめてます。忘れてないですよ! ホントです! でもお待たせしてしまっててすみません。

てなわけで、設楽編を投下します。
ページ作ってる暇ないからサイトじゃなくてこっちに入れときます~。
まあ、いつも通りどうということもない話です。
親友話じゃないので、設楽先輩大好きシタラーズなお嬢様でもさらさらっと読める軽い内容になっとります。
ていうか、今日お誕生日だという相互サイトマスター設楽先輩大好きS様のために書きました。
勝手に書いただけだから特にお知らせしないけどwww

毎度のことですが、ネタばれ有です。ご注意ください!


拍手ありがとうございます!
瑛イチさまとAマニア様にはそちらにお邪魔してお返事する予定でおります~。もうしばらくお待ちください!先ほどお返事いたしました~。遅くなってしまってすみません!


追記:つづきにしまってある設楽編で「臨海公園」って書くとこ「森林公園」って書いてた…! ノォォォォォ! 直しました。すみませんすみません。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
アサマ
性別:
非公開
趣味:
ゲーム・漫画・アニメ・SS書き
自己紹介:
ゲーム好きが高じてSS書いてます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)応接間(Blog) All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]